クリエイターを支援したい方にオススメ出来るサービス、サイト一覧

今回は特にフリーで活動されてるクリエイター側とそのクリエイターを応援したいファンの方の両面でお役に立てそうなサイトをいくつか紹介します。

既にメジャーなものばかりかもしれませんがお初の方には役立つ内容になっています。

クリエイターがファンと直接つながる事の利点

ファンは好きなクリエイターさんを支援サイトを利用して応援出来る

↓↓↓↓そうなると↓↓↓↓

物を生み出すクリエイターさんが出版社企業等に頼らずとも自力で生活、制作に集中出来る

これからの時代はこういった形になれると個人的には理想なんですけどね。

長くやってる方ももちろんですが特に始めたばかりのクリエイターさんは収入が不安定です。

なのでクリエイターさんが自力で生活出来るようになれる手段の一つとして以下、管理人の主観で紹介する支援サイトをわかりやすく簡潔に紹介します。


スポンサーリンク

 Enty ~ファンとより密着できる世界を~

パトロンを目的とするサイトは日本ではEntyと次に紹介するFantiaがまず有名ですね。

A. Entyはクリエイターが誰でも簡単に

パトロン・サポーター(支援者)を募集できるサイトです。

Entyはファンクラブに似た仕組みで、クリエイターは会費・会員特典に相当する「プラン」を設定します。
支援者はクリエイターの用意したプランの中から自分にあったプランを選んで支援します。

出典元: Entyとは?

ファンの支援金額によってそれに応じたクリエイターさんの限定コンテンツを楽しむことが出来ます。

特にクリエイターさん側から何か提供するコンテンツは無いけども純粋にファンからの支援を募ってるケースもあります。

Entyはトップページに入ると一般向けサークルさんと未成年の方お断りな画像のサークルさんも含まれてますので未成年の方は気をつけてくださいね。

Entyはこちらから

Fantia ~さらなる創作活動のために資金獲得の場を提供~

株式会社とらのあな系列運営の支援サイトで僕も今回利用させて頂く予定です。

ファンティア[Fantia]は、イラスト・漫画・小説・コスプレ・音楽・映像作品など、

各方面で活躍されているクリエイターの皆さまに、自由な作品発表と、

さらなる創作活動のための資金獲得の場を提供する、クリエイター支援プラットフォームです。

出典元: ファンティアの楽しみ方・使い方(クリエイターの方)

こちらもEntyと似たスタイルですが手数料等は異なりますので気になる方はチェックです。

とらのあな登録の作家さんがそのままFantiaも活用しているという印象があります。

ランキングにはこちらも未成年の方お断りな画像も含まれてるので注意な点と、とらのあなトップページから入るとFantiaのページが一見わかりづらい点があります。

それは様々なコンテンツが点在しているためですが全体的にサイトの印象は清潔感のある構成となってます。

個人的には過去とらのあなに委託でお世話になった事があるのでこちらに登録予定です。

Fantiaはこちらから

Patreon ~米国のクリエイター支援プラットフォーム~

海外で有名になったパトロンサイトの筆頭です。

Patreonとは主にYouTubeコンテンツ製作者、

ミュージシャン、ウェブコミック作者向けのクラウドファンディングプラットフォームである。

製作者はPatreonのウェブサイト上でページを開設することで、

パトロンは製作者が作品を製作する度に一定金額の資金を製作者に寄付することができる。

出典元: ウィキペディア

有名な海外のクリエイターさん等が多く登録している印象です。

クリエイターさん側の提供コンテンツとしてはイラストに関して言えば作家さんが使ってるブラシやレイヤー分けされたPSDファイルの公開、制作過程の動画等があります

コミックやイラスト以外にもジャンルの幅広いクリエイターさんが多数登録。

日本語にはまだ対応しておりませんがそれほど登録自体は難しくありませんので海外で好きなクリエイターさんがいる場合や、海外進出の一環としてファンを獲得したいクリエイターさんにはオススメです。

Patreonはこちらから

僕もイラスト向けに流入がどの程度あるのか気になりますのでInstagramのフォロワーがある程度の数に達したらPatreonにクリエイター登録します。

益子明士InstagramURL
→https://www.instagram.com/akito_masuko/


スポンサーリンク

Kampa! ~15円からOKのソーシャルカンパサービス~

コンセプトは「お世話になってる人に送りたい!」そういったソーシャルカンパサービスです。

クリエイターを応援したい!

素晴らしい作品を作る人は多くいますが、それで生活出来てる人は限られています。

あなたのカンパでお気に入りのクリエイターを直接応援する事が出来ます。

出典元: Kampa!

アマゾンギフト券を通じてお世話になった人へプレゼントを贈るサービスでクリエイターを支援したいといった目的の方にも利用出来ます。

アマゾンギフト券なので銀行振り込み等の手数料は無料で個人情報登録も不要です。

15円からカンパ出来る点も評価ですね。

Kampa!はこちらから

YGGDORE ~ホームページ全てが送金先になるサービス~

ユグドアの特許技術により送金支援したいホームページ先のURLを入力すると相手のホームページ運営者様にチップという名目で支援出来るサービス。

複数支援したいホームページがあればまとめて入力してカゴに入れて送る事も出来るので複数支援したいサイトがある人にとっては便利ですね。

もちろん匿名で相手に送る事が出来ます。

YGGDOREはこちらから

paypal.me ~リンクを作成してシェアすれば支払も簡単に~

ペイパルのサービスの一環。

自分でリンクを作成してシェアするとそのリンクに入金出来るようになるので個人間のお金の貸し借り等の返済に便利との事で世界中で利用されているようです。

フリーランスにとって請求書や支払いの催促といった面倒なものもこちらでリンクをシェアすると円滑に事が運ぶようになります。

ペイパルは広く知られていて僕もペイパル自体は利用しているので特に安心感があります。

paypal.meはクリエイターの支援にも利用出来るので「これいいな~」と思ったんですけどこのサービス(paypal.meはアメリカやヨーロッパが先駆けのようで今調べてみたらこの記事を書いてる現時点ではまだ日本は未対応との事。

随時利用可能な国を追加中との事でアジアは韓国や中国、香港やシンガポール他といった国々では既に利用可能なので日本もそろそろ追加してほしいですよね・・・・。

paypal.meはこちらから

まとめ

今回紹介したサービス以外にもクリエイターを支援出来る手段はまだまだあるようですが僕が良いなと思えたサービスを紹介してみました。

ネットが普及してから個人で活動出来る範囲が広がりましたが直接ファンと接する場が増える事でクリエイターさんもやる気ややりがい、その他多くのものを得られるようになったこの時代に感謝です。

まだ利用した事の無いサービスについては利用次第ブログに感想を書いてみますね。

◆こちらもオススメです

残業代の未払い問題におけるビジネス関連のイラストを制作しました

2018.07.14

わりと珍しい種類?かわいい子ネコのミヌエット☆名前はシエルです♪

2017.11.27
スポンサーリンク

マンガ&イラストのご依頼はこちら

広告マンガ、短期連載、ゲームイラスト、表紙、挿絵その他質問等お待ちしております。