フリーランスに理不尽な要求をしてくる困ったクライアントの事例と対処法

主に漫画やイラスト方面のフリーランスとして活動して一年が経ちました。

この間、実に多数のクライアントとやりとりさせていただきましたが中にはモンスタークライアントとも呼べる理不尽な要求をしてくるケースがありました。

生活できないレベルの低価格で注文してくる、納期がどう考えても短すぎる、意見交換不可、などよく聞く話ではありますが本当に遭遇した事例として記しておきます。

その上での総合的な対処法なども考えていきたい所です。

フリーランス1年目に遭遇した理不尽なクライアント

仕事の進め方全てをクライアントに合わせてもらって当然と考えているケース

クライアント
クラウドソーシングの外でこちらが用意した開発スペースでやりとりしてもらってDropboxでデータ共有ね
フリーランス
承知しました。ではデータの方はDropboxに共有させていただきます。ただやりとりの方はこちらクラウドソーシング内でもよろしいでしょうか?
クライアント
何言ってんの?理解出来ない。

業務の効率化を考える前にまずフリーランス側、クライアント側ともに自分の進めやすい制作スタイルというものを持っています。

お互いがそれを尊重し合い、提案し譲歩出来る所を探った上でベストな制作スタイルを見つけていきたいものです。

全て相手側に合わせて作業をする場合、相手にとってはそれがベストでもこちら側にとっては進めにくい場合があります。

作業報酬が低い上にこだわりが強すぎてNGを連発してくるケース

クライアント
最近人気が出たこのマンガ家の絵に似せて全身絵を描いてほしい
フリーランス
かしこまりました。頭身からきちんと計ってこのような感じに制作しました
クライアント
違う!もっとこう・・・こんな感じで・・・違うって!一回全て忘れて白紙に戻しましょう。こんな感じでこう・・・・(永遠にやりとりがつづく)

こういった似せて描くといった注文自体はまだ全然良いのです。

ただ希望がデッサンの狂いが上手く味になってるタイプの絵でバストアップが多い作品でしたのでその狂いを計算しながら全身絵を作成するとおかしなバランスになるのは目に見えておりましたがそれが気に入らなかったようでした。

僕もその狂いを補正して提出したりとイメージに沿うようリテイク30回くらいの努力をしましたが事細かにとにかくこだわりが強すぎて全く進みませんでした・・・。

こうならないようリテイク料金をしっかりと設定しましよう。

クライアントと直接やりとりをさせてもらえないケース

広告代理店
全てクライアントが決定したことに従ってください!

フリーランスとクライアントの間に広告代理店などが経由するケースで起こりえるパターン。

こちらが閃いたより良いアイデア、相談等一切させてもらえない事があります。

とにかくこちらからの意見交換すら不可という理不尽な対応で胃に穴が空きます。

本案件におけるフリーランスの実績公開を全てNG!と指定してくるケース

クライアント
本案件の一切の実績の公開をNGとします!作家名のクレジット表記も不可!
フリーランス
交渉の余地もないのですか・・・

このケースは事前に承諾を得ていたにも関わらず都合が悪いとのことで後から強制削除を迫ってくる事も含みます。

サービス公開前などの場合はこちらも自重しますがその後も制作物の一部すら一切NGといった企業もあります。

これからの時代、いえ・・・すでに個人で働く時代は到来しています。

その中で「実績」というものはフリーランスの将来を支えていく大切な要素です。

「あなたはフリーになって今までどういう事をしてきたの?」と聞かれても実績公開NGの案件では上手くアピールする事が出来ずにせっかくの新規の仕事のチャンスを逃してしまう可能性があります。

納期が短すぎる上に後から納得いくまでリテイクさせるケース

クライアント
制作8日間でマンガに出てくるキャラのキャラデザ設定全てとフルカラーマンガ10ページ分描いてください!ただし出来た原稿は納得するまでリテイク大量に出します!
フリーランス
はい、命を削れとおっしゃるのですね・・・

これは本当に寿命が縮む思いをしましたが何とか間に合わせました。

マンガ制作の労力をご理解頂けていないようです・・・・

一体こういうケースに当たったらどうしたらいいの?

以上のケースのように、仕事相手となるフリーランスの事などは全く考慮されない事例もありました。

まずはフリーランス1年目辺りの僕の場合ですがこういったケースもお受けしました。

とにかく1年目などは特に食べるために必死ですからね・・・・無茶な案件も笑顔で少しだけ意見しながらもこなしてきました。

ただ最初から資金に多少余裕がある場合や実績を積み重ねてきた場合などはこういった案件等は受けないことが望ましいです。

世の中このような案件ばかりではないですし、良い案件に巡り合える運や実力も関係してくるので色々探してみましょう。

ただし上記のような案件を受ける場合は自分の心身の状態、貯金と相談し覚悟の上で望みましょう。

僕が一番受けてはいけないと感じた案件

作業報酬が安くても意見交換が出来なくても納期が短すぎてもリテイク連発出されてもまだ我慢出来ます。

そんな僕が個人的にこの一年で一番引き受けてはいけないと思った案件、それは一切の実績公開のNGです!

つまり誰がこれを制作したかといったことすら非公開。

これはフリーランスが「今食べるため」にしかならず、将来の自分へと、全く積み上げることが出来ず夢も希望も見れない恐ろしい案件です。

自分で制作した制作物を一切PR出来ない辛さといったらもう・・・・

この時代に実績公開一切不可などといった条件を突きつけるクライアントの仕事は将来の自分のためにも断ったほうが良いです。

まとめ

ただしフリーランスの事も考えてくださる良いクライアントが多いのも事実です。

「素晴らしい仕事をしてもらったので実績でも何でも自由に使ってください!」と嬉しいお言葉を頂けた時は涙が出ました。

クライアントに満足していただけるようがんばってよかった!と心底思いました!

これからも良縁となる出会いを求めて日々精進していきたいと思います。

終わりに、ジャンル問わずフリーランスとして活動している全ての方に、泣き寝入りせずに一緒に声を上げてがんばっていきましょう!

 

スポンサーリンク

マンガ&イラストのご依頼はこちら

広告マンガ、短期連載、ゲームイラスト、表紙、挿絵その他質問等お待ちしております。