2017年12月グーグルアドセンス審査に申請後、2時間程で合格したので経緯をまとめておくことにした

[グーグルアドセンス申請時の体験談]
アドセンスに申請したあと意識を失って、起きたら合格してたニャ
・・そんな体験をしました。

皆様と同じく、自分のサイトをよくしようとあれこれがんばってて疲れてたんでしょう。

色々と調べた結果、アドセンスの合否がわかるまで平均2週間以上はかかるものとして気長に待つ覚悟でした。

次の日の朝起きてからメールをチェックしてみると・・・・なんと早速グーグルからメールが!

申請してから2時間程で合格してた事に信じられなくて内容を何度も確認しました。

返信が早すぎる・・・・きっとこれは1次審査は合格したという事なんだろう。

次の2次審査が勝負だな・・・

出典元: Google AdSense

まず申請をすると上記の内容のメールが届きます。

これに従って頂いたリンクコードを自分のサイトに貼り付けて結果を待つ事にしました。

そして2時間程経った頃に届いたメールで「とりあえず1次審査は合格できたんだ」と思ったんです。

でもちょっとまって! 折り返し来た返信メールにはっきり「おめでとうございます!」って書いてあるわよ?
それがこちら。

出典元: Google AdSense

一応「もう広告貼れるようになったよ」というような事は書いてはありました。

ただ合格が早過ぎたということと、過去の他の記事の情報を参考にしてたんで次は2次審査があると思いこんでしまったんです。

それがどうやら以上で審査は終了し、アドセンスには無事合格したというわけです。

現在合格した時点では、審査はコードを自分のサイトに貼り付ける一発審査のみで旧来の1次審査と2次審査は無くなったようです。

今回は合格するまでの経緯を忘れないうちにここにメモしておこうと思うのでこの時期アドセンス合格を目指す方にとって多少なりともヒントになれれば幸いです。


スポンサーリンク

過去の情報は参考にできない

グーグルアドセンスの合格基準は年々厳しくなっているのはご承知の通りだと思います。

常に審査基準が変わって明確な合格ラインをグーグル側が提示していません。

そういうわけで常に最新の情報を元に行動しないと僕のように色々と勘違いをしてしまいます。

1年前の情報どころかもう半年前の情報も参考にできない部分がありました。

アドセンス合格のために参考書は必要?

参考書のメリットは合格までの要点がまとめて記載されていることです。

ネットで調べる場合はひとつひとつの要点を自分で探してその情報の精査をしなければなりません。

それでもネットでの経験を重ねていくと情報の可否を自分で判断できるようになってきます。

なので自分で大まかに全体像を把握できる方はアドセンス関連の本をわざわざ購入しなくてもインターネットの情報だけで充分合格出来ます。

それでも心配でアドセンス関連の本を購入するのであれば常に最新の情報が記載されているものにしましょう。

1次審査2次審査を通した手順について書かれてる参考書はNGです。

それとグーグルのプログラムポリシーはざっと目を通しておいたほうがいいです。

守るべき必要事項が記載されています。

アドセンスヘルプ プログラムポリシー

サイト開設から合格までの期間

  1. 2017年10月頃にサイトを開設
  2. 2017年12月頃にアドセンス申請
  3. その2時間後に合格

僕の場合は開設から申請するまでおよそ2か月でした。

むしろ合格後のほうに問題が起きましたがそれはまた後日に。

合格のために必要ないくつもの要点

合格のための記事数は20以上必要だ。記事の文字は1000文字以上!

画像は無いほうが良いし問い合わせフォームも無くてもいいが
プライバシーポリシーを記載する事は必須だ!

ネット上では情報が乱立していてこういった情報が飛び交ってますが実際の所はどうなんでしょうか?

ここからが重要で実際に僕のサイトが2時間程で合格した観点からズバリ僕なりに必要だと考える要点をお話します。

僕がアドセンス申請を行った時のサイトの状態

  • ブログ記事の数10記事
  • ギャラリーの解説8記事
  • お問い合わせフォーム設置済み
  • プロフィールページ作成済み

こんな程度です。


スポンサーリンク

記事の数は関係ない

ただ、僕のブログ10記事の大半は自分のマンガ作品を載せてるので今回のように文章メインの記事はわずか3記事しかありませんでした。

またギャラリーページのイラストの解説も今ほど書いてなく全体的にほんの数行文字を書いた程度でした。(今はギャラリーページリライト済み)

これは我ながら自己分析しても恐ろしい・・・まともな記事(テキスト情報)が3記事しかなかった・・・・・。

それでも2時間程で合格したという事を考えると、記事の数ではカウントされずに記事の内容、つまりユーザーに寄り添う有益な情報かどうか、または僕のように文章がまだ未熟でもその姿勢で臨んでいるかどうか、そういった視点でグーグルに判断されているのかもしれません。

更新頻度はそれほど重要じゃない

アドセンス申請まで毎日更新する必要は全然ないです。

僕はブログ記事だけでいえば2週間近く空けた時もありました。

画像はあっても良い!

なぜなら僕のサイトのメインコンテンツが以下のような画像だからです。

(ここではカテゴリ違いなので詳しい紹介はしません。)

ただしその画像もユーザーに有益かどうか、またその姿勢で作成されたものかどうか。

さらに他サイトには無い独自性があるものかどうか。

これについては自分の作品はこの世で自分自身だけしか作れないので独自性の面でグーグルに認められた可能性もあります。

そういった面で個人の写真家やイラストレーターにとって、並びに画像を扱うサイトはグーグルに認められれば有利なのかもしれないです。

ただ、テキストが主体のサイトではやはり記事の内容が認められる必要があるでしょう。

サイトの全体的なつくりはしっかりさせる

なるべく素人感を抑える努力をします。

ユーザビリティの観点から考えると直す箇所は多岐にわたります。(僕も全部は出来ていません)

個人的に写真やイラストといったコンテンツがメインのサイトの場合は特に僕が気をつけたい事を以下の記事に書いてます。

写真やイラストのブログを始めたい人へ。「書き方」や「描き方」の前に「考え方」!

2017.12.14

自分のプロフィール欄は固定ページを用意して紹介する

ここはしっかり書いたほうが広告主側も安心するという観点から当然グーグルにチェックされるはずです。

個人情報は出し過ぎなくて大丈夫です。

連絡先を記載する

運営者がユーザーに情報を提供させて頂いてるのでそのお問い合わせが来る事を想定してお問い合わせフォームまたは何かしらの連絡先を記載すること。

コメント欄以外でもユーザーからの質問に答えようとする姿勢もグーグルにチェックされているかと思うので僕は連絡先は用意しておくべきだと思います。

サイトの独自SSL化

グーグルが独自SSL化を推奨しているので、SSLへの優遇措置がとられて保護されたサイトは評価され、その結果として合格しやすくなると思います。(僕のサイトもそうです)

グーグル ウェブマスター向け公式ブログ

プライバシーポリシーの記載について

これは多くの記事で「合格するためには事前にプライバシーポリシーの設置は必須」というような事が書かれてありますが僕は正直その時点では知りませんでした。

「そういうのがあったのか( ゚Д゚)ポカーン」

知らないので記載しないままアドセンスの申請をしても2時間程で合格です。

合格したあとにこの事実を知って急いでプライバシーポリシーを設置しました。

この事からも合格するための最低限の要因がいくつか決まっていて、その要因を満たしたサイトの中からさらに合格のためのいくつもの条件の中からどれか数点以上満たしている場合が合格なんて憶測もたてられます。 ・・が憶測でモノを語ってはいけないですね。

点数稼ぎではないですがこれも出来れば事前に設置しておくべきです。

まとめ

グーグル側もまだ生まれたばかりのサイトに超ハイクオリティは求めてないと思います。

グーグルの定めた決まりを守ることと、そのサイトの将来性やユーザー視点で運営する意志を感じさせる事が出来ればどのジャンルのサイトであれ合格できると信じてます。

冒頭で過去の情報は参考にならないと書きましたが僕が今回書いた合格のための内容は基本訪れたユーザーにとって有益な、何かしらの悩みを解決できるような姿勢で書いたものです。

こういった姿勢は今後グーグルアドセンスの審査基準が変わろうとも揺らぐ事のない真理かと思うので迷った時は「記事数がこのくらい必要だ」などの「数字」にこだわらずにこの姿勢を思い出しておちついて一つ一つの作業を行ってみてください。

多分この考え方が現時点で、そしてこれから先も受かるための最強の武器なんじゃないかと思います。

◆こちらもオススメです

Instagram経由にて海外の方からキャラクターデザイン依頼! 

2018.07.10

保護猫の里親ブログ -子猫は幸せに暮らしてます-

2018.04.19
スポンサーリンク

マンガ&イラストのご依頼はこちら

広告マンガ、短期連載、ゲームイラスト、表紙、挿絵その他質問等お待ちしております。