保護猫の里親ブログ -子猫は幸せに暮らしてます-

ひょんなことから去年の10月に保護猫の里親になりました。

我が家で2匹目です。

先住猫はペットショップで出会ったミヌエットがおります。

そこで今回は保護猫の紹介も兼ねて初めて家に来た時の様子、家に慣れてもらうことや先住猫との距離感について行った事を書き留めておこうと思います。


スポンサーリンク

まずはこの子の紹介から

保護猫の里親募集から譲渡まで行ってる「またたび家」というサイトで

偶然この子ミルミル(女の子 生後推定3か月)を見つけました。

出典元: またたび家 卒業猫

最初見た時に画像の写真に一目惚れというかとにかく白が似合う綺麗な子だなと思いました。

よく食べてよく遊んでよく甘える天真爛漫な猫で人見知りや猫見知りしないと紹介されてるので

きっとこの子ならうちの先住猫とも相性良さそうかな

そう思って連絡してみました。

保護猫との対面までに

またたび家では最初僕らの方からミルミルに会いに行き、保護猫の現状やミルミルの事を教えてもらいます。

初顔合わせですね。

それからトライアル期間として自宅に2週間~短期で住んでもらいます。

その間に飼い主や先住猫との相性を確かめて頂き双方良ければそのまま正式な家族になるという形になると思います。

こうした方法をとる理由はやはり飼い主がきちんとした方か、猫に惜しみない愛情を注げる方なのかを知る為でもあります。

もちろん保護猫にとっても、飼い主を申し出た方やその先住猫との相性を見るという事もあると思います。

初めて家に来た時の反応

人見知りも猫見知りもしない性格の天真爛漫な性格のミルミルちゃんということで多少は初対面でも大丈夫かなと思ってました。

初めてミルミルが家に来た時の反応がこの写真です。

 

 

う~ん・・・・

やっぱりいきなり知らない場所(飼い主候補の家)に連れてこられて知らない人達(飼い主候補)や先住猫の前に出されてしまったら天真爛漫な性格の子でもこうなるよね。

ミルミルは元々生後1か月ほどの時に、外をトボトボ歩いてる所を保健所の方に発見されたそうです。

発見当初は栄養失調でフラフラ・・・・・

栄養不足のために左目の回りに異常が出ていました。

猫は身体の不調が目にそのまま出やすい生き物です。大量の目ヤニや赤茶色の涙、栄養失調、カリシウイルス等

保健所にいる所をまたたび家の方に保護されたそうです。

 

 

ミルミル、しばらくは壁の隅でじっとしたままでした。

そのまま刺激しないように離れてたまに声をかけてみました。

 

 

時間が3時間ほど経過した頃に優しく声をかけながらそっと近づいたら逃げちゃいました。

そりゃそうだ。

そのまま小さな本棚の裏側にスルッとね。

てかそんな狭いとこ入れるん!?ビックリ

 

 

それからトイレの場所を教えてあげたらトイレでこちらを警戒するミルミル。

 

 

また逃げてついにはこんな極狭な隙間に隠れてしまったミルミル・・・・・

マジか~!こんな狭いトコによく身体入るもんだ感心しちゃったわい

まあミルミルから見れば初めてな事だらけだからね・・・

保護されてからまたたび家の環境で他の保護猫たちと打ち解けられて、ようやく友達も出来て楽しくやってた毎日。

そこからある日突然飼い主候補の家に連れていかれたらミルミルでもこういう反応をします。

控えめな性格の子や警戒心の強い子なら尚更です。

見る物、聞く音全てが初めてだったその結果・・・

この世に生まれてまだ3か月。

見る物聞く音全てが初めてだったミルミル・・・・

夜に僕が髪の毛を乾かす為にドライヤーの強風モードでガーっとやってたらミルミルが・・・・・

 

 

ビクッ!!!!!

ミルミル
ギャーッ!?なんだにゃなんだにゃこの音怖すぎるにゃ~!!

 

先住猫の反応

ミヌエットのシエルは手足がものすごく短い血統書付きの高級猫なためか

とても警戒心が強く他者をあまり受け入れない崇高なネコですw

わりと珍しい種類?かわいい子ネコのミヌエット☆名前はシエルです♪

2017.11.27

ミルミルと対面させた時の反応がこちら↓

 

 

ジロリ・・・・・・・

 

     

 

シエル「シャーッ!!」

 

 

シエル「シャァァァーッ!!!」

かなり怒ってます・・・・・・・・・・・・

うちのシエルがこんなに怒ったの初めて見ました。

 

 

それを見たミルミルが少し様子をみて・・・・・・・

 

 

ミルミル「シャァ~ッ!!」

シエル「ビクッ!?」

 

 

 

ミルミル「シャアァ~~ッ!!」

 

なんと生後3か月の女の子が先住猫である生後11か月の女の子に対して負けじと威嚇の応酬。

これは少しの間、外で路上生活を送っていたたくましさのあらわれではなかろうかと思いました。

 

その後も1週間以上は毎日このネコたちは顔を合わせる度に「シャーシャー」言い合ってました。

 

新しく家族に迎える保護猫ミルミルのためにしたこと

 

まずは安心出来る場所の確保です。

ミルミルはケージの中のベッドでしばらく過ごしてました。

 

 

それからトイレも別々にしてまたたび家で使っていた砂も混ぜます。(以前の匂いをさせて少しでも安心させるため)

またたび家でミルミルが使っていた毛布をそばに置いておきます。

先住猫とはトイレとご飯以外は距離を少し空けておきます。

これらの事を数日続けていました。

先住猫シエルの気持ちの変化

しばらくシエルから積極的に「シャーシャー」言ってたんですがミルミルの元々の天真爛漫な性格のためか、段々と目の前で威嚇してきたシエルよりも遊ぶことに夢中になって一人遊びするようになっていました。

それに自分がシャーシャー言ってることに疲れてきたのかシエルも段々とシャーシャー言わなくなり威嚇の行動も控えるようになりました。

ミルミルの現在

初対面から約半年が過ぎた今がこちら↓

 

 

今では時々お互いの毛づくろいをし合う仲になってます。

 

 

ミルミルの方からシエルに近づいていって一緒に寝たり遊んだりしています。

シエルは相変わらずの性格のためか受け身でいますがミルミルのことも好きになったようです。

最初しばらくの間は色々と冷や冷やしましたが警戒心の強いシエルにはミルミルの天真爛漫さが合ってたのだと思います。

良かったよかった(*´ω`)

これを記念にミルミルのラインスタンプを作ってみました。


甘えんぼな白猫ミルミルのスタンプ

→保護猫の里親・譲渡「またたび家」はこちらから

次回は保護猫を我が家に迎え入れる時の問題点について書きたいと思います。これ、大事です。

スポンサーリンク

マンガ&イラストのご依頼はこちら

広告マンガ、短期連載、ゲームイラスト、表紙、挿絵その他質問等お待ちしております。