WordPress TCDテーマ「UNIQUE」の不具合とその活用法

僕がサイトを立ち上げて3か月が経過しましたが、最初運営にあたっては有料のテーマを考えていました。

個人的に有料でオススメなのがTCDOPENCAGEです。

どちらも高い完成度を誇る有料テーマです。

今回僕の用途は主に自分の作品を載せること

画像をキレイに魅せられるものが良かったんです。

なのでかなり悩んだんですけど最終的にアーティスト向けTCDテーマ「UNIQUE」を選びました。

けどこれが困難の連続で、TCDサポートと何度もやりとりした結果、テーマをOPENCAGEのSTORK(ストーク)に変更する事にしました。

特に「UNIQUE」で問題だったのが広告を貼ること

今回はせっかく購入した有料のテーマをわずか3か月で変更した理由を記録しておくことにしました。


スポンサーリンク

TCDテーマ「UNIQUE」の特徴

TCDのテーマは種類が豊富で各職業別にフォーカスしたテーマが多いです。

息を呑むほど美しいデザインのものが多く、自分の方向性の「型」にハマればまさに最強なテーマといえます。

出典元: TCD WordPress Theme

「UNIQUE」の特徴といえばなんといってもクリエイターに必須ともいえるポートフォリオ機能が備わってることです。

更にブログ機能とランディングページ機能も完備!

WordPressのダッシュボードにも「投稿」の他に「制作実績」「お知らせ」の計3つに分かれた機能があります。(STORKは投稿のみ)

特にトップページのデザインには力を入れており、全画面に画像を表示させることが可能でスライドや動画をトップページに埋め込む事が可能。

→デモサイトはこちら

トップページを下にスクロールさせるとコンテンツビルダーと呼ばれる非常にカスタマイズ性の高いデザインがお出迎えしてくれます。

出典元 TCD WordPress Theme

こういった女性向けなデザインからモノクロ、モダンなデザインまで自由自在です。

これらの機能に加えてブログのページも別に用意されて広告を貼るウィジェットもあり、ランディングページも作れるというのだからクリエイターとしては

これはもうUNIQUEで決まりでしょう!
と太鼓判を押して購入した記憶があります。

「UNIQUE」の弱点

ネット検索をするとメリットが多く書かれてありますが実際はどうなんでしょう。

「UNIQUE」を毎日使い倒した僕の経験からこのテーマの弱点を見ていきます。

「UNIQUE」は画像がメインのテーマなので当然ページの読み込みまでの時間がかかる

サイトの読み込み速度を計るPageSpeed Insightsで「UNIQUE」のデモサイトを計測してみました。

ブログのページで

ここに自分のサイトで必要なプラグインを入れて記事を書き溜めていくと40位まで下がります。

一番重かったページで38でした。

まさに爆遅!(ばくおそ!

このテーマの標準機能として、トップページに大画面の画像をスライド式で見せたりコンテンツビルダーのデザイン等「画像」で魅せるので、それだけでもブログの記事を書いているとかなり読み込み速度が遅いです。

それはもう致命的に遅いです・・・。

なぜ購入前に気が付かなかったんだろう・・・。

アドセンスのレスポンシブ広告が表示されない

これは「UNIQUE]だけの問題かと思ったんですが別のTCDテーマでも同様の問題が発生してるようです。

こちらの記事が参考になりました。

→Adsenceが表示されない時のレスポンシブ広告コードの修正方法

アドセンスから提供される修正コードを使用すれば問題なく表示されるようになるのでこれでめでたしめでたし・・・

・・「めでたし」なワケがなかったわぃ!

なんと修正コード使用後に今度は「UNIQUE」のアドセンス広告が表示されたりされなかったりする現象が多発。

・・・原因を調べてみました。

出典元: アドセンスヘルプ

アドセンス広告が表示されない時に確認するべき項目を全てチェックしました。

これでも改善されずヘルプフォーラムにて質問後にお答えいただいたのが「コードが<p>タグで覆われているのは好ましくない」とのことでした。

あのWordpress自動整形というやつですか・・・・。

試しにこの状態のまま他の無料テーマをいくつも試してみたのですが、そこでは広告は確実に表示されていました

ということは「UNIQUE」のテーマ自体に何らかの不具合の可能性があるのではないかと・・・。

自動整形
Wordpress4.8からの新搭載機能。ビジュアルエディターの標準搭載によって強制的に段落追加する仕様。

あこがれのダブルレクタングルがうまく表示できない

PCだけの表示ならアドセンスの修正コード化したものをダブルレクタングルとして記述する事は可能なんですが、これを更にアドセンス違反にならないためにスマフォでレクタングルを一つだけ表示させるコードも追加となると僕にはちょっと複雑で断念することになってしまいました。

修正コード化さえなければ簡単だったのに・・・。

そんなわけで僕には「あこがれのダブルレクタングル」として遠い星になりました・・・・・。

補足
ダブルレクタングルとはアドセンス広告のレクタングルと呼ばれる正方形の広告を横に2つ並べた状態のこと

問題のまとめとして、

  • トップページに大画面の画像をスライド式で見せたりコンテンツビルダーのデザイン等含めてブログの記事を書いていると上記の通りかなり読み込み速度が遅い
  • 広告を貼る機能も修正コード無しでは僕のサイトのアドセンスのレスポンシブ広告が表示されなかった
  • さらに修正コードを使用しても原因不明の「広告が表示されたりされなかったりする現象」
  • 加えてアーカイブページのアイキャッチ画像のボヤけ問題も発生
補足
アイキャッチ画像のボヤけ問題についてはTCDサポート様からバージョンアップにて改善するとのことです。


スポンサーリンク

TCDテーマ「UNIQUE」の推奨する活用方法

これらの事から出た結論。

UNIQUEは自分や会社のメインサイトの「顔」としての使い方やサテライトサイト、ポートフォリオに限定する使い方ならOK!

記事をどんどん書き溜めて広告を貼ることには向かない。

・・・でもクリエイターさんがあえて「UNIQUE」を選ぶなら最初から広告貼って収入得ようなんてあまり思わないでしょ?ほとんどがポートフォリオ的な使い方するんじゃないの?
僕のように、ポートフォリオにブログ機能や広告貼る機能まで付いてたら「UNIQUE」に決めちゃうクリエイターさんもいるよ
だからそういう人のためにもこの記事を書いておかないとと思ってね
それはすばらしいけど広告収入も欲しくなって書いた記事なのよね?
・・・・・・・ハイ

まとめ

それでも「UNIQUE」のデザイン性も機能もクリエイターにとっては魅力的です。

そこで「UNIQUE」等の、画像がメインのサイトテーマを選ぶ時は必要に応じてImagifyのプラグインをオススメします。

僕は更新の途中から記事を書くことの面白さに目覚めてしまったんで「UNIQUE」の不便さにテーマを「STORK」に変えました。

このテーマにしてからは上記の問題は全て解決。

一体あの苦労は何だったんだと思わせるものでした。

「STORK」の弱点も読み込みに時間がかかることですが今回紹介のImagifyでかなり軽く出来ました。

こちらが関連記事です↓

ewww image optimizerよりも画像圧縮の効果が期待できる絶対オススメプラグイン「Imagify」

2018.02.05

 

スポンサーリンク

マンガ&イラストのご依頼はこちら

広告マンガ、短期連載、ゲームイラスト、表紙、挿絵その他質問等お待ちしております。